Top > 公職選挙法とは

公職選挙法とは

公職選挙法とは、選挙権や選挙区などといったような選挙に係るあらゆる事柄や罰則について定めた日本の法律です。公職選挙法は1950年に制定され、今日に至るまでに多くの改正を経てきました。

公職選挙法では、衆議院選挙や参議院選挙といった国政選挙はもちろん、地方自治体の長や議員を選ぶ選挙の選挙制度についての諸項目を定めています。

公職選挙法は「選挙運動」についても詳細を定めています。そこでは選挙運動ができる期間や文書図画の使用に始まり、さまざまな禁止行為(買収や戸別訪問、署名運動など)も定められているため、何かと行き過ぎてしまったり、お金のある候補者に有利になってしまったりしがちな選挙運動を、公正で節度のあるものに保つ役割を果たしています。

公職選挙法では、候補者やその後援者だけでなく、有権者に対しても諸々の規定を設けています。代表的なものでは妨害行為の禁止。例えば選挙ポスターを破ったり剥がしたり落書したりすると罰せられますので、たとえ悪戯でも絶対にやらないようにしましょう。

 

 国内旅行の人気  高速バス広島  九州大学農学部  金銭トラブル
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
選挙とは(2009年7月 4日)
公職選挙法とは(2009年7月 4日)
衆議院選挙の概要(2009年7月 4日)
衆議院選挙(2009年7月 4日)